命はね
『いつか』絶えゆくものです。
例えばローソクの火のように
『いつか』消えてゆくのです。

その日は誰にでも平等に訪れます。

『いつか』を本当にいつかだと思ってませんか?

生きることを先延ばしにしていませんか?

あなたは生きていますか?本当に生きていますか?

私は生きることを先延ばしにしてきたのかもしれません。


でもね、いつか絶えゆく命なんです。


生まれたときから刻一刻と死に向かっているのです。


『死』を恐れては
本当の『生』は生きれません。

ただ受け入れるのです。それと手を繋ぐのです。

そうすれば恐れは消える。
だって別に反対側にあるものじゃない。いつも隣に、あなたの隣に『死』は潜んでいるんだから。
いつまで生きるか
じゃない
どう生きるか
でしょう。

本当の『生』を生きるんだ。
[PR]

by ina-aki | 2008-09-26 20:41  

<< ライブだ! サングリア >>