忌野清志郎の世界

c0150440_18492261.jpg


TIMERSの『パァ』さんこと丸さん、JUNIORのGOちゃん、『black&blue』のオーナー力三さんと
原宿のラフォーレで行われている
清志郎さんの個展に行ってきました。

入ってすぐ
歴代のポスター
レコード
Tシャツ
がたくさん
ずらっと並んでいた。

一つ一つじっくり見た。

なんだかこう・・・
一つ一つがいちいち
かっこいい。

うん。



なぜ、この方はこんなにセンスに満ちあふれてるんだろう。



一つ一つから
清志郎がにじみ出て
主張している。


衣装もそのまま飾られていた。


なんかその服の前に立つと急に心臓がドキドキし始めた。

衣装、思ったより小さかった。
小柄な方だったんたな。でもステージに立つとあんなにデッカく見えたんだ。


やっぱり
ロックスター!



そしてから
たくさんの絵が展示されていた。

衝撃的!
こんなにたくさんの絵
描いてたんだ。

また釘付け。
何度も回って見てしまった。

派手な色がたくさん使われているのに
攻撃的ではなく
不思議に
優しい印象ばかり受ける。
画面いっぱいに使われた色
それが全部に自然に調和して
力強くもありとても優しい印象。


やっぱりこの人は
すごい。
生粋の芸術家なんだ。

『かっこいい』とか
『すごい』とか
そんな言葉では表しきれないし失礼のような気さえするのに
そんな言葉しか出てこない私をお許しください。



亡くなってからたくさんのことを知るようになった。




そんなものなのかな。



でもやっぱりなんか悔しい。




でも知れば知るほど
もっともっと
知りたくなる。




もっともっと知りたくなった。





今週13日までやっているそうです。
まだ行かれてない方は是非☆


私の知らない忌野清志郎さんに触れられた気がした、そんな1日でした。
[PR]

by ina-aki | 2009-09-10 18:49  

<< 只今レコージング 夏の終わり >>